卓球ラバーの種類
卓球のラバーについて詳しく特徴を解説するページです。
卓球のラバーは戦型や使い方により多種多様なラバーを使用致します。このホームページではラバーの種類やラバーの貼り方(張り方)について詳しく御紹介いたします。


 ■ラバーの種類

・裏ソフトラバー(裏ソフト)
ゴムの表面がつるつるのもの。ボールとの接触面積が大きくなるため回転がかかりやすいラバーです。裏ソフトラバーには、コントロールラバー、高弾性ラバー、テンションラバー、粘着ラバーがあります。

*コントロールラバーは、トップシート、スポンジ共に柔らかいものが多く、弾みは比較的抑えられた初心者や初級者、卓球をこれから始められる方がまず貼るラバーとなります。価格はラバーの中ではリーズナブルとなりますが、中級者以上の方はほとんどこのラバーは使いません。

*高弾性ラバーは、反発力やトップシートの摩擦力が高いラバーとなります。一昔前までは一番飛ぶラバーでしたが現在ではテンションラバーが発売され、どちらかというとあまり飛ばないラバーに分類されます。

*テンションラバーは、トップシートに負荷(テンション)を掛け高弾性ラバーよりも飛ぶラバーとなります。メーカーごとで呼び方が違うこともありエネルギー内蔵ラバーと呼ぶ場合もあります。現在、多くの中級以上の方はこのテンションラバーを使用しております。

*粘着ラバーは、トップシートに粘着性がありピン球を持ち上げるほどの粘着力のあるものから微粘着のものまであります。一般的に日本製粘着ラバーと中国製粘着ラバーに分けられますが日本製粘着ラバーは主にカットマンや女性が使われる場合が多いです。中国製粘着ラバーは攻撃選手が主に使い硬めのラバーとなります。

・表ソフトラバー(表ソフト)


・粒高ラバー(イボ高)


・アンチラバー






 ■ラバーの構造

・トップシート+スポンジ
・トップシートのみ



 ■ラバーの硬度

・柔らかいラバー
・硬いラバー



 ■ラバーの寿命

・裏ソフトラバー
・表ソフト(粒高)ラバー



 ■新旧ラバーの違い

・新しいラバー(テナジー、ヴェガ、ファスターク、ラクザ)
・昔からあるラバー(スレイバー、マークV)


 ■ラバーの貼り方

・接着剤(両面タイプ)
・接着シート


 ■ラバーの重量

・重量の差について









実は卓球のラバーが違うことによってプレーに大きく影響します。卓球を長年している人でもわかっていない人が多い状況ですが、ラバーを知れば卓球を知ることになり、今よりも強くなります。ぜひラバーの研究をしてみてはいかがでしょうか?

お世話になっているショップ 卓球99.com



-卓球ラバーの種類 裏ソフト/表ソフト/粒高/アンチ/貼り方/張り方-
著作者に許可なく、著作物の全てまたは一部を複写、複製、転載することは著作権法で禁じられています。